森に聴く

森を歩きながら、想い出していました。

昔、ナスと鶏肉の味噌炒めを友達に作った際、肉好きな私は良かれと思いその友達に鶏肉を多めに入れました。

その友達は言いました。

「私、肉より野菜の方が好きやとよ。」

先週末、 森の案内人三浦豊さんと歩く森ツアーに参加しました。

京都の岩倉村松のバス停から森に入り静原へ抜けるコースを約20名で散策。

一つ一つ丁寧に木々の名前、生態や生育環境を教えてくれる三浦さん。

森への愛情が伝わってきます。

木の上に吊るされた巣箱や、お地蔵さんへのどんぐりのお供えに心が和みます。

途中で静原の素敵カフェ、Milletさんのご用意してくれたお弁当でお昼休憩。

青空のもとで食べるお弁当は格別。

野菜の味がギュッと濃くて甘く、自他共に認める肉好きの私も

目覚めてしまいそうなおいしさでした。

これから森の中深く深くへ。。。

森を抜けて里へ降りてきました。

里へ降りても三浦さんの森への想いはとどまることを知りません。

熱心な解説が続きます。

今回の終着駅、Milletさんが近づいてきました。

到着。MIlletさんがご用意してくれた温かい飲み物とケーキをいただきながら

それぞれ今回の森ツアーの感想を共有しました。

同じ樹木でも日当たりや近くにある樹木によって生育具合や紅葉のスピードが違うこと、よく三浦さんが木々を人のように例えてご説明してくださったので

森の中に人間社会を見たような気がしました。

ある命の終わりによって息吹く命がありました。

そのことを感じた時、自分にとっての、また自分が考える相手の最善が

相手にとって最善ではないかもしれないと再認識することができました。

冒頭の話、その友達はこう続けました。

「でも、その気持ちはありがとう。」

きっと彼女は森の化身なのでしょう。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • Facebook Black Round
  • Twitter Black Round
  • Instagram Black Round

©綾  metalware